こころを探して

言葉と心を遣って生きましょう。心を探すたびへ。夜を生きている人間です。

夕焼けは私に寄り添わない

f:id:mikem:20220627151611j:image

 

「深い樹海は暗く 祈りのみ込んで」

 

 

いやなゆめをみて目覚めた日は、ずっとゆううつで空の高い青も日陰の風も、美しい夕焼けもこころに届かない。

 

母方の祖父母は2人とも教師で、その世代で教師というのは大変立派だったようです。

特に祖母は、女性は職を持たないか労働をする時代だったので、お金持ちの親に女学校入れられて教師になって。

 

夢で、実家はなぜか実際よりもっと裕福になっていて、広く立派な豪邸で、父親がやれ政治家と会食がどうのとか話してる。

現実にはありえない富裕層になっていて、私はそこで着古したパジャマを着てリビングの隅っこで所在なさげに座っていた。

リビングも、2倍くらいは広くて、でっかいみたことないソファとペルシャ絨毯。

そこで父や母や姉は仕事の話や社交の話をしていて、わたしだけ蚊帳の外で辛い気持ちになっている。

だけど3人はいつも通り、わたしのことなんか見えてない。

どんなに体調が悪くて落ち込んで苦しんでいたあの日みたいに、見えない存在。

 

なぜかもう居ない祖父母がいて、祖母がいつものように、「娘もその旦那も孫も医者だ!」って喜んで、また私の存在なんか見えてない。

 

わたしは、わたしだけが何も出来ない何にもなれない、エリート家族から異物のような存在。それに傷ついて、感情が凍って石のようになって止まっている。

永久凍土。 

 

誰も私を責めてない。

感情を凍らせて、誰にも見せなかったから。

本当に誰にも、本当の私のことが見えてないだけ。

だけど私は自分を責め続けている。

首を締め続ける。

心の置き場所がわからない。

自分で自分を認めてあげないと、他人に褒められても響かない。

なんで生き続けるのかわからない。

 

深層心理というものは夢で1番再現される気がする。

定期的に、思い出させられる。

自分は異物だってこと。もう家族に馴染めないこと。

家族の誰かと話す時、やっぱり感情は一切出てこない。

 

少し本当の気持ちを敢えて話してみると、母親は狼狽えて受け止められずに泣きそうになったりしている。

 

「母親の貴女が娘にこんなことを言われるのは傷つくよね」

彼女は本当の私を受け止められないから、思っていることを言えない。

感情をぶつけられない。

 

だから、ずっと俯瞰で自分と相手を見ながら淡々と話すだけ。

幼い頃から学んだから。

この人たちはわたしの心には寄り添えないということを。

 

 

氷解されない感情が、夢をみせる。

現実を突きつけてくる。

 

 

 

愛されていたこと

f:id:mikem:20220515053221j:image

 

今日も朝の5時です。

なんだか文字を綴ることにします。

 

みんな、いろんな生い立ちや傷つきがあって生きているんだなぁと日々想いを馳せながら

自身のままならなさと共に暮らしています。

 

映画や小説や漫画をよすがにしているのですが、「敵キャラにも自分の正義や辛い生い立ちあり」の物語が増えたような気がします。

より立体的ですよね。

現実では、死が決して救いになってはならないと思っているのですが、物語だと美しく見えるのが不思議です。

 

子供時代に想いを馳せると、あの頃はなんとも思っていなかったことが、自分にとっては本当は我慢の連続で、心を殺してたんだなぁと気付いてしまい困ります。

母親はわたしがすこし大きくなると仕事に出ていたのですが、仕事に行き始めてすぐは猛烈に寂しかった記憶があります。

それなのに、すぐにその生活に慣れてなんとも思わなくなってしまっていました。

「慣れる」というのは、寂しい気持ちを持ち続けるよりも、慣れてしまって何にも思わない方が楽だからそうしてたんだろうなぁと。

 

旅行にたくさん連れて行ってもらったり、忙しいのに毎日たくさん世話を焼いてくれた母親。

愛されていたんだろうと思います。

でもなぜか今は、「愛されていた実感」が欠落しているので、健全ではなかったのでしょう。

寂しいことです。

 

わたしは本当は、休暇に旅行に連れて行ってもらうことより、毎日学校や幼稚園から帰ったら、親が家に居て欲しかったんでしょう。

ないものねだりなので、後付けというか、なんとも難しい感情ですが。。

 

習い事に行って毎回お腹が痛くなっても我慢して続けたり、塾に通って胃がおかしくなっていても、兄弟や友達はみんなそうしているから、と思って辞める発想はなかったのです。

わたしがそれでも真面目に頑張るもので、親も応援していたでしょう。

それに辞めたいと言っても「サボり」だと片付けられていたような気がします。

 

 

仕事で子どもたちに会うと、とても癒されます。

まだ真っ白なキャンバス。

これ以上暗い影を落として欲しくないと願って、わたしの立場で出来ることならなんでもしてあげたいと心から思います。

 

「人生はままならないことの連続で、生きることは理不尽で残酷なんだ。」などとは思って欲しくないのです。

なるべくなら良い面を見続けてほしい。

すでに挫折経験をしている子を相手にしていますが、まだ取り返しがつくと思っています。

踏み台として親やわたしを使ってほしい。

親は、子どもに主役を明け渡す存在であって欲しいと願います。

 

せめてなら子どもらに光を、沢山のこれから出会う子どもらにも美しい景色を見て欲しい。

絶望して暗いところに引きこもっていてほしくない、エゴかもしれませんが、頑張ります。

 

最近仕事のことばかり考えていたので勉学が疎かで…自分に甘いなぁと、フルタイムで働く社会人でも勉強に勤しんでいるのに。

 

日々研鑽。楽しく生きて学んで、いろんな人に貢献したい。

現実的な辛さや苦労があっても、濁らずピュアであり続けたい。変化を恐れず常に若い気持ちで。

 

「初めてまともな先生(大人)に出会えた!」の経験をして欲しいので、朗らかに楽しそうに生きている(出来てないですが)ことを示したいです。

大人になることにも、社会にも絶望して欲しくない。

 

今日も世界に祈ります。

どんな残酷を見てきた人にも光が差しますように。

「生きていける」と思えますように。

自分自身も。

夜の船(雑記)

f:id:mikem:20220509053643j:image

 

心と身体が離れてしまっているような感覚で

つまりは地に足がついていない朝5時です。

安定の不眠。不眠だけは安定しているというのはなんだかおかしいですね。

 

GW、帰省してきた友達や遊びに来ている友達、仕事はしていたので生徒さん、いろんな人に会ったなぁと思います。

10代の頃からの友人は、環境を変えても心は繋がっていて、いつもお互いの味方でいようという姿勢を貫いていてくれます。本当に有難い。

 

環境が変わるということは、生活も変わり、することも変わり、価値観や行き先が変わるということです。

私も当然どんどん変わっています。

 

パートナーを持つ人、持たない人。

コミュニティをたくさん持っている人、趣味に生きている人、仕事を中心に据えている人。

家族と仲がいい人、そうでもない人。

収入が多い人、普通の人。

やりたいことを仕事にしている人、やりたいことはプライベートでやっている人。

一人暮らしの人、配偶者がいる人。

 

そういったたくさんの違いが増えても、尊重して関わり合いたいものです。

 

久々に会うと皆んな変わっていってるなぁと痛感しますし、自分ももれなくそうだなと思います。

普段はあまりしないようにしているのですが、なんとなく人と自分とを比べてしまいます。

 

仕事が安定していて、独り立ちが完全に出来ている友人はとても羨ましいものです。

私はいまだに学生で親に頼っていて、体調の波もありますし、自分で稼いでるお金は雀の涙なので、すごいなぁと思います。

 

このGWでは色んな人と関わって、むしろ自分の美点や、やれていることが見えづらくなってしまったような。

どんな状態の人のことも、尊重したり美点を見つけるのは得意なのですが、自分にはそれほど優しくできていないみたいです。

私は自分の人生の中心を、やっと自分に据え始めたところなので生まれたてのひな鳥のような気持ちがあります。

 

「.自分の人生の主人公を、自分にする。」

 

これってわたしにとってはすごく怖いことです。

自分の決断を信じて努力すること。

こんなに脆い自分が主人公だなんて…

 

こういう恐怖が生まれたということは、親の価値観、人からの評価に委ねていた人生を

ようやく自ら能動的にスタートさせたのだなとふと気付きました。

今までたくさんの選択を自分でしていたようで、まるでしていなかったことにも、改めて気付かされました。

「親の価値観や親からの評価」に縛られていろんなことを決めてきたので、そりゃあ他の人とは違うだろうなと。

 

今でも、生きることは恐怖と不安に塗れていると思ってしまいます。

生まれたてのひな鳥のつもりが、知識や知能は大人なので、いろんな不安要素を想定してしまったり。

 

この世界の美点もたくさん見てきたはずなのに、

嫌な面や思わず絶望してしまうような部分に焦点をあててしまう。

 

こういう文章は、「不安と恐怖に呑まれた自分」を俯瞰で見て認知できるように、記録です。

 

GW明け、仕事の憂鬱や、私のように色んな人と会ってむしろ疲れてしまった人もいるでしょう。

 

つぎはぎの、今にも突き破られてしまいそうな粗い修理だらけの私の船。

漆黒の海は波立っていて、この小舟に水が入り込んでいて、

小さなバケツで水を汲み取り、せっせと海へ還している最中のようです。

思わず自分が海へと還りたくなりますが、この海は還るべき場所じゃない。

夜が明けるのただじっと待つことにします。

再び光が射すまで、長くはないはず。

 

たくさんの、孤独を抱えて生きている人たちへ祈りをこめて。

全ての人に善いことが起こりますように。

救いが見つかりますように。

自分自身に愛されますように。

 

 

 

 

毒抜き

f:id:mikem:20220428224730j:image

 

かつて愛した人達を憎むというのは、蝕まれるもので。

歪んだ面をも受け入れて支えて、自分自身なんかよりも家族のために生きてしまっていたので、その裏返しの「憎しみ」はしんどいです。

 

つまり溜め続けた毒を抜いています。

自分が人を「憎む」なんてことがあると思わなかったので、他人に負の感情を持つことのしんどさを噛みしめています。

 

母親から、近くにいるんだけど何か食べ物買っていこうか?と連絡が来まして、

ちょうどその日は忙しかったので断ってホッとしたり。

今日も同じような連絡があり、何も予定はなかったのですが、

昨日の夜からまた過去の母親への想いに苦しんでいたので、絶対に会いたくないと思いました。

なので、適当に断ってしまいました。

関わりたくない気持ちに正直に従ったのです。

 

罪悪感の波が襲ってきます。

 

「母親なりの想いがあっただろうに無碍にしてしまった。」

 

償いの気持ちもあったのかもしれないのに…

 

 

あの人は可哀想な人だ。

と思っている自分と、

自分に毒を20年以上与え続けた人間だ。

と断罪したい自分がいます。

 

いつか中和される気持ちなんだろうと思うことにはしているのですが、こんな記事を書いている。

定期的に今日みたいな「毒抜きの日」が訪れます。

 

それ以外のことを考えられなくなり思考停止してしまうのです。

 

流されてラクな道を生きるよりも、真実を視て大変になりそうな道を選んだ。

自分自身の美徳を信じて、誰にも足を引っ張られず引っ張りもしない道を選んだ。

 

そういう自負は強くあるのですが、

「毒抜きの日」は急に訪れて感情の波が来ます。

他にやるべきことがたくさんあるけれど、毒抜きは最優先で、これも必要だと思って苦しんでいます。

流されすぎず。

 

もう死んだ人(祖父母)にすら救いを求めてしまって、困ります。そんなこと考えてもどうしようもないのに。

途方もない、行き場のない感情。

祖父母がつくった泥が母親を蝕み、それがわたしに来ている。

祖父母はわたしが看取る頃には無害な優しい老人でした。

特に祖父は厳格だったようですが、賢い人なので改心したようでした。

 

実の父親には感じられない父性を、祖父に対して感じていました。

父や母には貰えない安心感を、同居してる間貰えていたように思います。

母親には厳しかったようですが孫には優しかったのです。

祖父は、私が身体を壊したのは自分たち(祖父母)と同居を始めたからではないかと自分を責めていた時期がありました。むしろ安心感を得ていたのに。

 

父や母、姉、祖父母。

みんなが影響を与えあって今の私があります。

だれも悪人でなければ、完全な善人でもない。

善と悪。人間はそんな簡単に分けられないとわかっているからこそ今はとても苦しい。

今日のように苦しんだ先に、奇跡があると信じたいです。

 

美しくありたい。

 

 

 

浄化する者としての生き方

季節が変わって、なんだか周りの流れが動き出したような気がします。

 

関わらせて貰っているお子さんが前向きになり始めました。

わたしはなにをその子に精一杯与えられるか必死です。

大人の目線から見ていると、両親がかなりアンバランスで、それにシーソーのように振り回されているように見えるタイプの非常に素直なお子さん。

10年前の自分にそっくりなのです。

 

最近、父親と話してなにか少しだけほぐれたような気がしました。

父親とはかなり話が通じる部分があります。

父親も母親に振り回され、

「妻に自分自身という個人を受け入れてもらえない(否定され続ける)」

という共通した苦しみがあります。

私や姉の教育方針にも立ち入らせてもらえず、父親は私たち姉妹にはもっと自由に育って欲しかったと思っていたようです。

そして母親のスタンドプレーを止められなかった部分を、「だめな部分のある父親だった」と表現していました。

 

家族に、初めて謝られました。

 

私たち姉妹が幼少〜思春期だった頃の母親のエネルギーと張り切り様は、誰にも止められないくらいの切迫感と気迫がありました。

幼心にも残っています。

習い事、塾に通う事、中学受験をする事、志望校、すべてを母親が決めていました。

なぜそうしたの?と母親に聞くと、「みんな(友達や仕事仲間)がそうしていたから。」と答えていました。

「自分の子供がみんなからはみ出さないように」

母親は一生懸命だったのです。

言い換えてしまうと、

はみ出す事=恐怖、失敗

"みんなと違う" によって溢れ出る不安と恐怖を避けて、そういう強迫観念をエネルギー源として子育てをしていたわけです。

そういうものは至極当然に子どもに受け継がれます。

自然な楽しい子供時代は送れず、苛烈な日々でした。

異常に"みんなと違う"を恐れ、怒られる事がないように静かに静かに、周りを見て波が立たないようにバランスをとって生きました。

 

カウンセラーさんは親子カウンセリングの最後、母親へのフォローのために言いました。

「これからより良い関わりを重ねていく、塗り続けていく事だと思います。」

 

そうですか。そんなこと、あるんでしょうか。

私の頭の中には、

早く金銭的に頼らず連絡をなるべく取らず、母親の在り方(他者を尊重できない、自己愛の強い回避的な生き方)と距離を置きたいのです。

 

しかしながら、あるがままの無理をしていない私を愛されたい。それは後世消えることのない本能的飢餓感。そして報われることのない願い。

 

とにかくこの相反する2点。

大きな葛藤を抱えて、でも新しい水脈を見つけて希望を創造して生きていかないといけない。

いつまでも停滞していられない。同じ場所に留まっていられない。

 

私の使命の一つは後世へ新しい水脈を掘り出し、川を作ること。

この「毒素」はきっと、両親一代で作られたものではなく、家系の中で脈々と作られたものでしょう。

貧困があり、裕福さがあり、戦争があり、思うように生きられなかった祖先たちが居た。

それでももがく。もがく、もがく。

そういった中で作られてきてしまった濁りが、泥となり毒になり、末端の私に受け継がれたのだと思います。

そしてそれを浄化する者として、大きな葛藤を抱えて生きていくのです。

決して後世には残したくない。

例えば子を産み育てること、両親や友人の親達を見ていても、100%健全で健康な人っていません。

類は友を呼ぶ、だと思います。

親に対して抱えた想いが重たい人たちしか、周りにいません。

まっすぐに健やかに個性を尊重されて育った人を身近に見ていません。

なので、自身の子どもを健やかにのびのびと育てられるかといったら全く自信がありません。

前例がないので。

でも女性はタイムリミットがある。

 

いつか自身の浄化、新しい水脈の発掘を成功させたとき、次世代へ渡せるんでしょうか。

 

答えのない夜を、今晩も明日も、そのまた次の日も。

小さな船を漕いで、

真っ黒な光る海を、僅かな灯火を手に航海へ出掛けましょう。

 

共に。

 

 

モヤモヤの福音

f:id:mikem:20220325191532j:image

すこーしずつ暖かくなってきていますね、久々のアイスコーヒー美味しい。

coffee breakにハマってます。

 

なんだかモヤモヤな日々を送っています。

色んな要因は見えていて、まだ航海の途中なのです。

 

もやもや、もやもや、もやもや………スッキリ!

 

という風にうまくいきたい訳ですが、現実を見つめれば見つめるほど自分にとっての理不尽が横たわっています。

実際に仕事も家族の問題も途中なのです。

モヤモヤするのも仕方ない、季節も変わり目だし。

 

ずっと連絡を取り続けてる友人がいるのですが、旅行したり観劇したり、「すっきり」法をポジティブに使っているようです。なんて健康的。

季節の変わり目の影響も受けにくいようです、揺らぎやすい身体をもって生まれてしまった自分が歯がゆい。

 

良い映画も観に行った、ライブも観に行った、

でもこころの複雑さは解消されません。

なぜなら問題が横たわっていて、うまくいってないから。

こういう時、無理にスッキリさせようとしてアルコールに頼ったり薬物をアレしたり、ジャンクフードを大量摂取してる人も居ますね。

皆霧の中。何にも守られてない自分を持て余して、雑多な人間関係を繰り返したりしてる。

 

変化が起こりそうな予感はあるのです。

新しい仕事、日々の読書(やたらと捗っている)、母親とのカウンセリングの予定…(ゆううつ)

 

もしかしたらこころの嵐の前に居るのかもしれないし、

「すっきり」の前に居るのかもしれない。

…やっぱりまた感情の嵐に呑まれるのかもしれない。

それでも自分で舵を切って船を漕がなければいけない。

誰も現時点の人生の正解は教えてくれない。

占いも自己啓発も、複雑なものを無理やりに簡単にしてしまうだけで、本当のことは自分の中にしかない。

懐かしい音楽を聴いたり温かい食事を作ったり色んな本を読んだり、なるべく日々を無駄にしないように生活しています。

 

考えて感じれば感じるほどに、幼少〜思春期時代に家庭の中で癒されたかった。今でも家族に癒されたい自分がこころの真ん中にいます。

でも、残酷だけど、そう望むことがそのまま起こるのは無理なのです。本当に残酷ですね。

やっぱり傷ついた子どもの自分が癒されない限りは、常に何かしら不安で神経質でピリピリしてしまうのだろうと思います。

母親に、癒してほしかった。でも母親は弱すぎた。

幸せになってほしい。

姉もそうです。けれども不健全な関わりの中では、好循環は生まれない。

私は断絶はしたくない。被害者ではあるけれど、家族を責め立てたい訳じゃない。

愛は沢山あったから、

母親が私に向けてくれていた愛を、遣いかたを間違えていた母親自身の心が癒されるように願っています。

つくづくいまだに「良い娘」だなぁと笑ってしまう。

家族というカルマは逃れられないもので、遠くまで逃げたつもりでも背中にくっついてきて、かまってかまって!とウザ絡みしてきて、きちんとかまってあげるしかないのです。

 

たくさんのモヤモヤの代償に福音が訪れますように。とりあえず今日もtea breakして本を読んで野菜とお肉を調理して食べて、あんぜんに眠りたい。

 

いつかの桜。

f:id:mikem:20220325192842j:image

 

暖かな日差しが降り注いで、皆の向かう先が明るく開かれますように。

今日も祈ります。

 

きれいなひとりぼっちたち

とあるバンドのライブに行ってきました。

 

フロントマンの彼は、このご時世でライブをする場を無くし、ようやく有観客で辿り着いた大きなライブハウスで、何千人の前で何も取り繕わない姿で居ました。

ステージに立つ際、人はどうしても感情や容姿を取り繕って小綺麗にして出てくるものですが、彼はあまりにも、ありのままの姿で出てきました。

この2年で色んな物を見て考えて苦しんで傷ついた、私達と同じ姿で。

 

「ここにいてもいいから」

 

「NO FUTURE NO CRY

未来はなくても泣いちゃだめさ」

 

「死にてえ奴は茜色の空をみなよ」

 

「ベイビーもう泣かないで 僕がそばにいるから」

 

「僕たちは世界を変えられない」

 

お客に向かって、自分に向かって情けなく叫ぶ、

ぐちゃぐちゃな感情をぐちゃぐちゃなままに、

綺麗じゃない曲達を引き連れて、

生活を、雑音を、悲しみを、くやしさを、

何千人のステージに晒して。

 

やっぱり複雑な感情は複雑なまま、

まとまらない気持ち全部持って素直に生きていって良いんだ。

ありのままの汚い姿でこの世界に居てもいいんだ。

 

銀杏BOYZ - 少年少女 (Music Video) - YouTube

 

「二千光年の列車で かなしみを越えたなら

少年は少女に出逢う

きれいなひとりぼっちたち 善と悪全部もって

少年は少女に出逢う」

 

私達は何者にもなれなくてもいいんだ。

何者にもなれないまま生きていたっていいんだ。